社会福祉法人甲南愛育会

   

 

TOPページ   園の概要   保育方針   一日の流れ   年間行事   給食   入園案内   一時預り事業   子育て支援 

     

 ・・・食に関する様々な情報を発信するページです
 




 ◆11月 バランスの良い食事で風邪予防

    朝晩の寒さも増し、風邪を引きやすい季節です。

    「子どもは風の子、元気な子」といいますが、体調管理には気をつけてあげたいですね。

    栄養と睡眠をしっかり摂って、毎日元気に過ごしましょう。


   風邪予防にバランスの良い食事を

    毎日を元気に過ごすためにも、風邪を予防することが大切です。

    手洗い・うがいはもちろんですが、バランスの良い食事を心がけましょう。

    体の中に風邪の菌が入ってきても、やっつけることができるように、免疫力を高める栄養素を摂ることが

    大切です。

   
    ★必要な栄養をバランスよく摂りましょう★ 

    食べ物は働きにより、赤・黄・緑の三色に分けられます。

      赤(肉・魚・豆類・卵・乳製品)
         →血や肉、骨や歯を作る

      黄(穀類・砂糖・油脂類・芋類)
         →エネルギ―源であり、力や熱の元になる

      緑(野菜・果物・海藻類・きのこ)
         →体の調子を整え、病気に対する抵抗力がつく

 
    ★いろいろな料理を交互に食べましょう(三角食べ)★  

    料理を交互に食べると栄養のバランスを崩しません。

    毎日の献立は主食(主に黄)・主菜(主に赤)・副菜(主に緑)を取り入れています。

    この食べ方をしていると、多少残しても栄養のバランスを崩さずに食べることができます。

      
  






 ◆10月 食事のマナーについて

    先月から食事マナーの一環として“食べる姿勢を習慣づけよう”ということで、

     正しい姿勢での食べ方、それに伴う食べ物の消化吸収の違いについて、

     幼児クラスを対象に話しました。

     その後、担任の先生たちが子どもに扮して給食の待ち方や食べ方を見せ、

     どこをどう直したらいいか子どもたちに気づかせました。

     気づいたことは早速その日の給食から実践していました。


   3歳頃までの食事習慣は一生もの

     マナーというと難しく聞こえますが、年齢に応じてできる、簡単な食事の習慣です。

     例えば、0歳の赤ちゃんでも、食べる前に「いただきます」と手を合わせて挨拶する姿を

     見せるだけで、真似するようになります。

     1歳も腰骨を立てて、姿勢を正して食べることや、食器の持ち方、使い方を

     少しずつ教えましょう。

     このように、日常的にしていることを伝えるだけでよいのです。要は積み重ねです。

     まだ“小さいから無理”と決めつけず、焦らずにゆっくりと始めてみましょう。

   
     ★ 正しい姿勢の効果 ★

    
◎消化・吸収力がアップする
         ⇒消化器官への負担が少なくなる

      ◎良い噛み合わせが保たれる
         ⇒よく噛んでゆっくり食べることで満腹感が得られ、食べ過ぎ防止になる
           脳が活性化し、かしこくなる
           顎が鍛えられ、瞬発力の向上につながる

      ◎ボディーバランスが保たれる
         ⇒ケガをしにくくなる

     

     
「できるようになりたい」「大きくなりたい」と願う子どもにとって、憧れる大人がそばにいるというのは、

     幸福なことです。食卓において、大人が子どもに見せる大切なマナーは、「楽しく、おいしく食べる」こと。

     もちろん、箸の持ち方や器の扱いも、子どもたちは大人のしぐさをよく見て、真似をしようとするでしょう。

     そんな子どもたちの手本としては、食事どきのテレビや携帯電話は不要かもしれませんね。

     大人の私たち自身が、よいマナーで食事ができるよう、気を付けてみましょう。


   






 ◆9月 生活リズムを整えましょう

    朝晩過ごしやすくなってきましたが、まだまだ暑い日が続きます。

     夏の暑さで疲れた体はバランスのとれた食事で整えましょう。

     また、生活リズムを整えてしっかり体を休ませる時間を確保し、体の疲れはその日のうちに

     とることが大切です。


   夏の疲れ回復のための食事

   
@ 早寝・早起きで生活のリズムを整えましょう

    A 1日の始まりの朝食を大切にしましょう

    B 良質のたんぱく質とビタミンをたっぷり摂りましょう。
   
     ★ 良質のたんぱく質とは・・・卵・肉・魚・大豆などです

   
   魚では、あじ・さば・さんまなどこれから美味しくなって旬を迎えます。

      この時期の野菜(かぼちゃ、里芋、さつま芋など)や、果物にもビタミンがたっぷり含まれています。

      まだまだ残暑厳しいこの時期には、体を冷やす効果のある夏野菜を食べて

      夏の疲れを取りましょう。
 
   こんなにすごい!〜お米のパワー〜 
   ◎脳や体のエネルギーになる 

   
   お米の主成分は炭水化物です。炭水化物は体の中で分解され、エネルギーとして働きます。
      また、お米にはたんぱく質や、ビタミン、ミネラルも含まれており、栄養バランスのよい食品と言えます。
 
   ◎どんな料理にも合う  

   
   お米は淡白な味でどんな料理とも組み合わせることができるので、
      様々な食品をバランスよく食べることができます。
  
   ◎よく噛むことができる  

      お米は「粒」なので、パンやめんなど「粉」よりもしっかり噛むことになります。
      また、お米はよく噛むと甘い味がしておいしくなります♪

  
 
      おやつにもお米を・・・三度の食事に加え、お米はおやつにも使うと簡単手作りおやつに変身!
      親子でラップを使い、いろんな具を使っておにぎり作りはいかがですか?


  






 ◆8月 夏野菜の効果について

    いよいよ夏本番をむかえます。

    連日、暑い夏が続き、熱中症のニュースが毎日のように流れています。

    夏バテしていませんか? 夏バテは体の消化機能を低下させ、食欲不振に陥らせてしまいます。

    ビタミン・ミネラルの摂取不足を食事で補うようこころがけましょう!!


   今月の食育目標  ★夏野菜に関心を持って味わって食べよう★

    今、こども園では屋上園庭になす・ピーマン・オクラ・トマト・きゅうりとたくさんの夏野菜を育てています。

    子どもたちが当番で水やりをしたり、育つ様子を観察したりしています。

    最近では、夏野菜を使ったスタンプでポスターを作りました。2階の壁や踊り場に飾っています。

     先日、子どもたちが立派に育ったなす・おくら・ピーマン・きゅうりを収穫して給食室まで

    持ってきてくれました!!給食で出すと、苦手な子も、「自分たちで育てた野菜だから

    食べれる、おいしい!」と言って食べていました。
 
   ★ 夏野菜を食べよう ★
  
     ● トマト ● 
       トマトの赤色の成分(リコピン)には、がんなどを予防する効果があります。 
      3大抗酸化ビタミンと呼ばれるβカロテン、ビタミンC・Eが含まれています。
     ● ピーマン ●  
       ピーマンはビタミンCがとても豊富に含まれています。 
       この栄養素は血管や皮膚を丈夫にし、ストレスに抵抗する作用があるので、夏の季節にもぴったりです。        
     ● オクラ ●   
       独特のぬめりは整腸作用やコレステロール低下作用があり、体力増強に有効です。
     ● きゅうり ●     
       きゅうりもなすと同様、水分が豊富に含まれています。
       生で食べられるので水分補給にぴったり。 
       またむくみやのぼせを改善する成分も含まれています。 
     ● かぼちゃ ●
       かぼちゃは野菜の中でもビタミンEが豊富に含まれています。
       黄色の部分(カロテン)には体に抵抗力をつけたり、がんなどを予防したりする効果があります。 
     ● とうもろこし ●  
       とうもろこしの主成分は糖質で、食べるとエネルギーに変わります。  
       ほかにも食物繊維が豊富で、便秘を予防するのに効果があります。 
  
    ビタミンB1と一緒に摂ろう   
  
       ビタミンB1は、汗をかくことで失われてしまうため夏はさらに不足しやすくなります。

      夏バテ防止におすすめのうなぎには、ビタミンB1が豊富に含まれており、ほかにも豚肉や納豆、

      ごまなどにも含まれています。

       夏野菜と組み合わせて夏バテ防止をしましょう。
 
  
      ◆ビタミンB1の多い食べ物 ― うなぎ、豚肉(特に赤身)、玄米、種実類(ごまなど)、豆類(特に納豆)、
                         キノコ類

      ◆胃腸の調子を整える夏野菜 ― しそ、オクラなど

      ◆体を冷まし、水分補給になる夏野菜 ― トマト、きゅうり、ナス、レタス、冬瓜など     
 
  
 






 ◆7月 夏場の衛生管理について

    食中毒は1年を通じて発生しますが、6月から9月にかけてもっとも多く発生する時期となります。

     これは、高い気温と湿度のために食べ物が傷みやすくなることと、暑さのために抵抗力が落ちてしまうことが

     原因として考えられます。

     こども園では材料の管理、加熱調理など、衛生管理を常に引き締めて行っています。


   ★食中毒とは? 

    食中毒とは、病原性微生物や有害な化学物質、有害な成分を含む職員や飲料を摂取して
  
     起こる急性の健康障害のことです。

     【食中毒はこんな症状】

       下痢   腹痛   頭痛   発熱   嘔吐
 
   ★ 食中毒予防の “ 3原則 ” 
  
     ☆菌をつけないことが、いちばんの予防です! 
       飲食時や調理前には石鹸をつけて手洗いをし調理器具もこまめに洗浄しましょう。 
     ☆菌は増やさないことも大切!
       常温で長時間放置すると、菌はどんどん増えてしまいます!
       調理後はすぐに食べましょう。
 
     ☆熱を加えることで菌をやっつけましょう! 
       肉や魚などは中心までしっかり加熱をしましょう。 
 
   ★ 家庭で出来る! 食中毒予防4ポイント  
  
     1.食品の購入
       ・肉・魚・野菜などの生鮮食品は新鮮なものを購入し、それぞれに分けて、寄り道をせずに
        真っ直ぐ帰る。
       ・賞味期限表示を確認する。
 
     2.家庭での保存 
       ・買った食品はすぐに冷蔵・冷凍庫に保管(冷蔵庫は10℃以下・冷凍庫は-15℃以下)し、
        詰めすぎに注意する。
       ・肉・魚・卵を扱う前後は必ず手指を洗い、汁がもれないように袋に包む。
 
     3.下準備 
       ・動物にさわる、トイレに行く、おむつを交換する、鼻をかむなどのあとは必ず手を洗う。
       ・調理器具(包丁・食器・まな板・ふきん・スポンジなど)は、洗剤と流水で洗い、
        漂白剤・熱湯などで消毒する。
       ・包丁・まな板は肉用、魚用、野菜用と別々にする。
  
     4.調理 
       ・加熱は十分にする(中心部が85℃で1分以上)


  






 ◆6月 丈夫な歯のために

    6月4日は、虫歯予防デーです。丈夫な歯を作り、生涯を健康に過ごすためには歯みがきはもちろん、

    毎日の食生活が大切です。
   
    いろいろな食品をよく噛んで食べるよう、心がけましょう!!


   ★ 噛んで食べる 

    やわらかいものばかり食べていると、あごの発達が悪くなったり、歯肉炎や歯並びが悪くなる原因になります。

    よく噛むことが習慣化できるように、噛みごたえのある食材を取り入れたり、「カミカミしてね」、

    「何回噛めたかな」など声をかけてあげましょう。
 
   ★ 栄養のバランス 

     糖分の摂り過ぎは虫歯の原因の一つです。

     おやつは時間・量・質などに気をつけてあげてください。

     また、規則正しく食べる習慣と、カルシウムやビタミンA・Dなどの骨や歯を

     作る栄養素を十分摂れる食事を心がけましょう。


   ★ 歯みがきの大切さ 

     食事の後は、食べ物のカスがはにつき、そのままにしておくと虫歯の原因になります。

     乳歯の重度の虫歯は永久歯にも影響を及ぼし、永久歯も虫歯になったり、歯並びも悪く

     なったりします。
   
     食後に家族で一緒にみがくなど、楽しくみがけるように習慣づけましょう。

 
 






 ◆5月 1日の元気は朝ごはんから!

    新年度から1ヶ月が過ぎ、あまり食べられなかった子も、少しずつ食べられるようになり、
   
    苦手な物でも頑張って食べる姿が見られ、とても嬉しく思います。

    この時期は、体調を崩しやすいので、生活リズムを整えバランスの良い食事を摂りましょう。



 <朝ごはんは1日のエネルギー源>


    「時間がない」 「朝ごはんを食べる時間寝ていたい」

    こんな理由で朝ごはんを食べない子が増えています。

    また、お父さん、お母さん自身が朝ごはんを食べる習慣がないと、子どももおいしく朝ごはんを食べる

    習慣がつくれません。
 
  <朝ごはんの働き>

    ・脳に糖分が届き、働きが活発になります。 → 学習に好影響

    ・エネルギーが作り出され、元気に活動ができます。

    ・睡眠中に下がった体温を上昇させ、体が目覚めます。

    ・消化器が刺激され、排便を促します。
 
   <しっかり朝食を食べる工夫>

    ・疲れやすくなり、遊びや勉強に集中できません。

    ・肥満になりやすくなります。

    ・お腹が空いてイライラしやすくなったり。落ち着きがなくケガをしやすくなります。





  


    朝ごはんは、眠っていた体を起こし、脳へのエネルギー補給をする食事です。

    特に蓄えの少ない子どもは、自分自身でコントロールできません。

    朝ごはんをしっかり食べて、元気で楽しい子どもたちの一日をスタートさせましょう。

 





 ◆4月 食べることを楽しめる子に

    食べることは、子どものすこやかな成長のために欠かせないものです。

     これからさまざまな取り組みを通して食事を楽しめる子どもになってもらいたいですね。

     新年度がスタートし、初めての集団生活や進級で不安な子もいるでしょうが、

     あせらずに園での食事の楽しさを伝えていきたいと思います。

     「食育」を家庭と園とを結ぶ懸け橋として、協力しながら進めていきましょう。




 <食べることを楽しめる子どもになるために>

 
   ●おなかがすくリズムを持たせましょう
      空腹感や食欲を感じ、それを満たす心地よさを実感させるため、規則正しく食事を取りましょう。 
   ●食べたいもの、好きなものを増やしましょう
      子ども自身が見たり触ったり味わったりする体験を通して、食べ物への興味や関心を育てましょう。 
   ●一緒に食べたい人がいる子どもにしましょう
      人との関わりの中で人に対する愛情や信頼感が育ちます。一日一回は家族みんなで一緒に食べて、
      食事を楽しむ場としましょう。
 
   ●食事づくりや準備に参加させましょう
      子ども自身が食事を楽しみ、待ち望むものになるような体験を積むことが大切です。栽培や収穫、調理などを
      一緒にして、食事づくりに関わらせてあげましょう。
 
   ●食べ物の話をしましょう
      食べ物を通して、人と話すことができる環境づくりが大切です。 
   


              




  






LINK   法人概要   プライバシー・ポリシー   採用情報   苦情解決について   お問合せ



甲南こども園 〒658-0011 神戸市東灘区森南町3丁目1−4
Copyright (c) 2009-2018 konan nursery school All rights reserved.
since 2009.4.1